【私立大学を受験するなら】入試日程や形式を要チェック

入試形態ごとの日程と願書

入試ごとに違うので注意

勉強

大学入試には、主に3つの入試スタイルが用意されています。
それは、AO入試、推薦入試、一般入試です。
入試日程は、どれもだいたい偏差値の低い私立大学から始まり国公立大学が最後という形になっています。
 AO入試の入試日程は、春〜夏に出願(エントリー)し、夏〜冬にかけて受験というものが多いです。
推薦入試は、秋〜冬に出願し、受験するという入試日程がほとんどで、特に10〜11月に集中して実施されます。
推薦入試では高校からの推薦が必要なので、先生との綿密な相談が要求されます。
 一般入試は、大きく分けてセンター利用と学校内入試が設けられています。
センター試験は国公立大学では必須ですが、私立大学は要りません。
しかし、私立大学でもセンター試験の点数で複数の学校の合否を決定できるという制度があるのです。
これをセンター利用入試と言います。
センター利用入試を受ける場合は、9〜10月にセンター試験に出願します。
私立大学の学部内入試は前期と後期があり、前期は12〜1月、後期は1〜2月が出願期間なので、どちらを受験するのか確認してから出願しましょう。
ちなみに、入試日程は、センター試験が1月第2土・日曜日、前期が2月上旬〜中旬、後期が2月末〜3月上旬です。
 出願の際にはそれぞれの大学、入試の願書(エントリー)が必要です。
願書はどれも春〜夏に配布が始まります。
したがって、夏までには全ての願書を準備しておくことが大切です。
また、願書以外にも同封しなければならないものがあり、それは入試によって違います。
例えば推薦入試では推薦書、センター利用入試ではセンター試験成績請求書などが必要です。
どの入試でどれが必要なのか調べ、わからないことは早めに先生に相談しましょう。

体験談やネット情報チェック

男子生徒

現在は大学の進学率は50%を超えている状況で、子供の教育費を考える場合には大学までの費用を考える必要があります。
費用は私立の場合と公立の場合で大きく異なりますが、現在では小学校から大学まで私立・公立に行った場合の費用が進学サイトなどで確認が出来るようになっています。
また塾などの費用も考えておく必要があります。
特に大学受験の場合、公立や国立はセンター試験を受験するのが最初の関門で、大学は前期で1つ、後期で1つと2つしか受験できません。
それとは逆に私立大学では複数受験する事が可能となっています。
私立大学受験の際には、入試日程を事前に確認する事が重要です。
私立大学の入試日程は推薦が9月から10月ですが、一般の受験の場合の入試日程は2月上旬に集中します。
受験の際にはなるべく早めにこの私立大学の入試日程の情報を入手して、志望校が重ならないように調整する必要があります。
重ならなければ受験に制限はありませんが、連続で受験が続くと精神的に体力的にも負荷がかかります。
また複数受ける事で受験費用も多額の費用がかかります。
この点もふまえて受験スケジュールを組む必要がありますが、進学サイトであればスケジュールの仕方や受験の日程、また昨年受けた人の意見や体験なども確認する事が出来ますので非常に参考になります。
また同じような志望校を希望している受験生がどのようなスケジューリングを組むのか参考なりますし、サイトを通じて相談出来る等、活用方法は幅広いと言えます。

自分のタイプに合わせて

女生徒

大学に入るためには入試を受けなければいけません。
しかし、大学入試は今までと違って方式も入試日程も多様なので、受験方式の選択や入試日程の調整が大変です。
特に私立大学はその学校の方針が基準になりますから、独自性が高まります。
 私立大学に入学する人の多くは一般入試を目指しますが、半数はAO入試と推薦入試で入学を果たしています。
AO入試は自己推薦で、大学のアドミッションポリシー(求める人物像)にどれだけ見合った人物であるかというのが合格基準です。
大学や社会人としてのビジョンがはっきりしている人はこちらがおすすめです。
一方、推薦入試は高校長の推薦が不可欠で、生活態度や成績など、高校でどれだけ頑張ったのかが合格基準なのです。
高校の実績に自信がある人や高校からの推薦が見込める人は挑戦してみましょう。
入試日程はAO入試が夏から冬、推薦入試が10月から11月の受験が多いので、余裕がある人は両方受けてみるのも良いかもしれません。
 方式が豊富で同じ私立大学に何回もチャレンジできる一般入試は、とても魅力的です。
また、私立大学は国公立大学と比べて受験科目が3科目以下と少ないので、苦手な教科がある人には受験しやすいです。
方式は、入試日程の早い順にセンター利用、全学部、学部(前期・後期)の3種類を用意している所が多いです。
センター利用はセンター試験を受験して複数の学校・学部の合否を得る方式で、センター試験が必要な国公立大学の滑り止めを確保したい人には良いです。
全学部は一度に複数の学部学科を出願できるので、志望大学がある人は挑戦しましょう。
志望学部を狙う人は学部での受験がおすすめです。
これら以外にも、地方出身で都内の大学志望の受験生には、地方入試が用意されています。

学力と興味を考量する

大学生

エフラボでは、理系の大学を選ぶときの参考になる記事が多く紹介されています。その記事を読んで、大学で実際に研究することを知ってから、自分の行きたい大学を選びましょう。理系の大学は理学系と工学系に分かれます。この2つのなかで、自分の学力と興味に一致した科のある学校を選ぶようにしましょう。

もっと読む

私立の中学生向けのコース

学生

教育内容が個性的な私立中学校に通う生徒に人気があるのは、マンツーマン指導も選べる、尼崎の個別指導教室です。ハイレベルな授業内容を希望する生徒も多く、内部進学対策の指導や、英語の長文や古文の指導へのニーズも大きいです。

もっと読む

大学のゼミの特徴

女生徒

ゼミ合宿は、ゼミ特有のイベントとも言えるでしょう。ゼミは、少人数の学生が集まって勉強するものですから、サークル的な感覚もあり仲間意識が強くなる傾向があります。ゼミ合宿は、学生時代の思い出の一つとして残るものになることが多いです。

もっと読む