【私立大学を受験するなら】入試日程や形式を要チェック

大学のゼミの特徴

自主性が問われる授業

女生徒

ゼミとは、主に大学で行われる教育方法の一つです。
通常の授業は、教員が学生に対し一方向から講義をすることがほとんどです。
しかしゼミの場合は、教員の指導を受けつつ、学生が自分の意見を述べたり、研究発表や議論を通じて、研究テーマについての理解を深化させていこうとするものです。
ゼミは、学生側にも授業を受ける際の積極的な姿勢が求められます。
大学のゼミは、大別して二つに分けられます。
一般教養科目のゼミと専門研究を行うゼミです。
自分自身が深く勉強したいテーマを、ゼミを通じて学んでいくことができます。
各ゼミは、少人数で行われることが一般的です。
ゼミによっては、入る際に面接を行うところもあり、特に人気のゼミは入るための競争率が高いところもあります。
その分野を学習したいという学生の意欲が問われることになります。
ゼミは、同じテーマを学んでいる学生の集まりです。
そのような仲間の存在は、勉強を重ねる上で刺激し合える関係にもなれます。
また、ゼミ合宿のように、同じゼミの学生が集まったイベントもあります。
ゼミ合宿は、同じゼミの学生が、旅行先で演習や研究報告をするものですが、それに加えて、学生間や教員との親交を深める機会としても利用されます。
ゼミ合宿は必ずあるというわけではなく、そのゼミの方針によって違いがあります。
ゼミ合宿がある場合も、その目的はゼミによって違いもあり、学習がメインの場合もあれば、親睦を深めることが主眼の場合もあります。
また参加に関しても任意である場合がほとんどで、あくまで希望する学生が参加するということになります。

費用を抑えることが大切

勉強する人

ゼミ合宿を計画する必要があるゼミ長や役割の人は、毎年夏ごろに行われるゼミ合宿について計画をしっかりと立てる必要があります。
ゼミ合宿は、ゼミに参加している学生と教授が2、3日の間同じ宿泊施設に滞在して、日頃の研究結果を報告することやディスカッション、プレゼンテーションなどゼミナールで行われることが中心となります。
学業だけではなく、飲み会やバーベキュー、温泉など旅行の要素も多く含まれるため、教授をはじめ、同級生だけでなく先輩、後輩と親睦を深めることのできる貴重な機会です。
ゼミ合宿のロケーションや費用はゼミ合宿を成功させるために、しっかりと検討する必要があります。
一人暮らしで金銭的に余裕がなく、アルバイトをしている学生も多くいますので、なるべく安く居心地のよい宿泊先を選びましょう。
大手旅行代理店などでは、ゼミ合宿向けに宿泊先がいくつか選べるプランも揃っています。
ホテルや旅館別に見積もりや比較ができますので活用してください。
ゼミ合宿が多く行われている施設では、合宿をサポートするツールが整っていることが多いです。
プロジェクターやホワイトボード、宴会に使えるものまで持参するものを最小限にすることができます。
一人当たり15000円程度の予算であれば、食事と宿泊を十分にまかなうことが可能ですので、よくリサーチしましょう。
アクセスしやすい場所で、交通費が抑えられる温泉地は人気が高い傾向にあります。
予約が取りにくいこともあるので、合宿が決まったらすぐに予約を取りましょう。

更にお得にするコツとは

女生徒

大学生活の楽しみの一つと言えるのがゼミ合宿です。
所属するゼミのメンバーと共に合宿を行う事で研究を深めるという大義名分がありますが、それ以上にコミュニケーションを深め、より一層のチームワークの強化を図るというのがゼミ合宿の醍醐味であると言えます。
このゼミ合宿は基本的に大学から離れた温泉地や高原リゾートなどで行われる事が多く、電車やバスで現地に赴くのが一般的です。
それらの交通費に宿泊費用を加えた費用の相場は1万円前後となっています。
宿泊費用だけであれば5000円前後で収まるケースがほとんどですが、交通費に4、5000円掛かるケースが多く、合算して1万円前後となるのです。
なお、ゼミ合宿のプランを提供している会社の中には貸切バスなどをチャーターしてくれるケースもあるので、大所帯のゼミの方などはそれらを活用するのも良いでしょう。
貸切バスであれば移動の手間も最小限で済みますし、費用面も個々が公共交通機関を利用してアクセスするよりも割安で済む可能性があります。
また、ゼミ合宿をする際に合わせて押さえておきたいのが宿泊施設の評判です。
部屋の広さや清潔感、食事の美味しさなど宿泊施設によって大きく異なります。
せっかくの思い出となるゼミ合宿が汚い、不味いという記憶で埋められてしまっては台無しなので、最低限の清潔感や食事などの評判はチェックするようにすると良いでしょう。
更に、ゼミ合宿の夜の部とも言える宴会の際の持ち込み費用が有料か無料かもしっかりと押さえておきたいポイントです。
後でトラブルになって後味が悪くなる前にチェックしておきましょう。

学力と興味を考量する

大学生

エフラボでは、理系の大学を選ぶときの参考になる記事が多く紹介されています。その記事を読んで、大学で実際に研究することを知ってから、自分の行きたい大学を選びましょう。理系の大学は理学系と工学系に分かれます。この2つのなかで、自分の学力と興味に一致した科のある学校を選ぶようにしましょう。

もっと読む

私立の中学生向けのコース

学生

教育内容が個性的な私立中学校に通う生徒に人気があるのは、マンツーマン指導も選べる、尼崎の個別指導教室です。ハイレベルな授業内容を希望する生徒も多く、内部進学対策の指導や、英語の長文や古文の指導へのニーズも大きいです。

もっと読む

大学のゼミの特徴

女生徒

ゼミ合宿は、ゼミ特有のイベントとも言えるでしょう。ゼミは、少人数の学生が集まって勉強するものですから、サークル的な感覚もあり仲間意識が強くなる傾向があります。ゼミ合宿は、学生時代の思い出の一つとして残るものになることが多いです。

もっと読む